【FX】トレードノートの効果を数倍に高めるあるコツをご紹介

メルマガバックナンバー
スポンサーリンク

 
こんにちは、としやんです(・∀・)
 
 
3月も中旬に入り、だいぶ過ごしやすくなってきてますね。
 
 
東京の場合、3月10日を過ぎたあたりから
毎年、温かさが継続するようになるので
 
個人的には、3月10日を
寒さと温かさのトレンド転換点として認識してます(笑)
 
 
まあ、4月に入っても寒かったりする年もあるので
絶対そうなるわけではないんですけどね。
 
 
一応、そうなる確率が高い傾向にあるので
 
10日以降は暖かくなる方向への優位性が高いということで
衣替えの目安にしていたりします。
 
 
ここ数年は暖かくなっても
急に気温が下がる日がたまにあったりするので
 
完全に流れが変わるまでは
冬服もしまわないほうがいいかもしれません。
 
 
それでは、今日のメルマガの本題に入ります。
 
 
 
★トレード記録を活用できない人々
 
 
トレードにおいて、自分のトレード結果を記録することは
非常に重要な作業の一つとされています。
 
 
トレード記録をつけることの重要性は
多くの名トレーダー達が共通して言うことの一つです。
 
 
ただ、人によっては、トレードの記録を
きちんと毎回つけているんだけど
 
イマイチその効果が感じられないという人もいます。
 
 
「トレード記録をつけることの大事さは
いろんな本とかで強調されているから
 
きちんとつけているのに、あまりピンと来ないんだよね…。
 
はたして、本当に効果があるんだろうか…」
 
 
こんな感じで考えているのかもしれません。
 
 
この事例は、ずばり昔の私のことなのですが
 
 
「トレード記録つけろっていうけど
あんまり役立ってる気がしないんだよな…
 
めんどいから、記録付けなくってもよくね?」
 
 
こんな風に考えていた時期が、私にもありました…( ´_ゝ`)
 
 
トレード記録の効果を実感できないのは
重要なポイントを外していたからなのですが
 
そのことに気づくには、少々時間がかかりました。
 
 
トレードというのは、一人で進めていく側面が強いので
 
同じ失敗や経験をくり返した結果
何かに気づくという形で成長するケースが多いです。
 
 
トレーダーの成長の多くの部分は
気づきによってもたらされるといっても良いかもしれません。
 
 
ですので、地味に鈍いタイプの自分は
成長も遅い気がするのが、いかんともしがたいところですが…。
 
 
まあ、少し話がそれましたが
 
いくら真面目にトレード記録をつけていても
ポイントを外していては、あまり効果が無いということなのです。
 
 
 
★トレード記録の効果を得る上で重要なポイントは2つ
 
 
トレード記録の効果を得る上で重要なポイントは
以下の2つであると私は考えています( ・ω・)
 
 
・記録にチャートの画像をつけること
 
・きちんと時間を取って、考えながら復習すること
 
 
2つとも重要なポイントなので、1つずつ解説していきますね。
 
 
 
⇒ 記録にチャートの画像をつけること
 
 
トレード記録を効果的なものにする上で
チャート画像は必須のものだと考えています。
 
 
一時期、チャート画像無しで記録をつけていたのですが
 
これだとあとで振り返ってみたときに
トレード時の記憶が薄れてしまっているので
 
記録をつける意味合いが半減してしまいます。
 
 
画像があれば、どういったチャート形状の時に
エントリーをしたのかが、後からでもわかりますので
 
これは欠かせない要素と言えるかと思います。
 
 
チャートを記録として残すとなると
紙のノートにプリントアウトして毎回残すのはかなり大変なので
 
(紙代とインク代もバカになりません…)
 
 
画像としてチャート画像を残して
そこに気づきや、損益を書き込んで保存するとか
 
チャート画像をワードなどに貼り付けて残すなど
 
 
必然的に、デジタルデータとして残すことになると思います。
 
 
 
⇒ きちんと時間を取って、考えながら復習すること
 
 
トレードの記録を細かく残していたとしても
記録して放置では効果が半減します。
 
 
まあ、記録をつけるという作業をしたことで
それなりに定着することも事実なのですが
 
 
人間の記憶はそれほど長くもつものではないので
一度つけた記録を振り返る時間を作ることは重要です。
 
 
この時、バーッと記録を振り返って終わり、ではなく
 
 
しっかりと時間を取って、各トレードにおいて
 
なぜ勝つことができたのか、なぜ負けたのかということを
きちんと考えて結論を出すことが大事です。
 
 
その結論まで文章化して
記録として残しておくほうが良いでしょう。
 
 
トレードは最終的には確率の世界でしかなく
勝った、負けたは運によるところも大きいため
 
絶対的な正解、結論を出すことはできませんが
 
 
それでも、トレード履歴のチャートと1つ1つじっくり向き合い
 
勝因・敗因の分析や反省を行って
暫定的な結論を出すことが重要だったりします。
 
 
なので、トレード記録を週末などにふりかえる時は
ササッと一瞬で終わらせてしまうのではなく
 
あえてまとまった時間を取るほうが良いですね。
 
 
 
(…ここまで)
 
 
 
トレード記録を活かすために重要なポイントを
2つ紹介してみましたが
 
どちらも面倒である点が共通しています。
 
 
ですが、その面倒さを回避してしまうと
結局、より面倒な現実に直面することになるので
 
サボらず地道にやっていきたいものですね。
 
 
この点は、自戒の意味も大いに含んで書いています…汗
 
 
 
★★編集後記
 
 
今年は2019年ということでラグビーのW杯が
日本で開催されることになっています。
 
 
ちょうど、4年前の2015年のW杯で
五郎丸フィーバーが起きていたことを考えると
 
もう4年経ったのか…という感じですね。
 
 
W杯の後、しばらくは五郎丸フィーバーで
チャーハンのパッケージに採用されてたりするわけですが
 
あのパッケージは、男女問わず買いづらかっただろうなと(笑)
 
 
そんな五郎丸選手も2015年の時点で
結構、いい年齢だったので今回は出れるのでしょうかね。
 
あとでちょっと検索してみようかな。
 
 
4月には新しい元号も発表されますし
 
国内的には盛りだくさんな1年になりそうだなって感じです。
 
 
(・∀・)ノシ
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました