【FX】聖杯探しにハマらなくなるオススメの秘訣をご紹介

メルマガバックナンバー
スポンサーリンク

 
こんにちは、としやんです(・∀・)
 
 
4月も下旬に入り、大型連休も近づいてますね。
 
 
まあ、連休をガッツリ休める公務員なら
ゴールデンウィーク万歳なのかもしれませんが
 
業種によっては、休めない人も多いと思うので
なかなか難しいところではあります。
 
 
私の場合、10連休というわけにはいきませんが
祝日はしっかり休むことができるので
 
まったりと過ごしたいなって思ってます。
 
(連休はどこも混みますからね…汗)
 
 
そして、連休の中盤から、いよいよ令和元年に突入ってことで
個人的には非常に楽しみではあります。
 
 
天皇陛下が変わることで、日本はどう変わるのでしょうか
そのあたりもしっかり観察していきたいですね。
 
 
…と、こんな感じで前書きを書いたところで
今日のメルマガの本題に入っていきます。
 
 
 
★トレーダーに付きまとう聖杯探しの影
 
 
聖杯探しというのは、勝てる手法を追い求めて
いろんな手法に手を出しては、すぐ次のものに乗り換えるという
 
終わりのない旅路のことを指します。
 
 
この聖杯探しの旅に出発してしまうと
 
ムダにお金と時間だけが浪費されていくので
百害あって、一利ありといった感じです m(_ _)m
 
(教材が増えるので、まったく無駄ではありません…汗)
 
 
ただ、聖杯探しをくり返していたとしても
トレーダーとしては大して成長しませんので
 
なるべくならハマらないほうが良いです。
 
 
聖杯探しはビギナーがハマりやすいですが
 
ある程度、トレード経験がある人でも
油断していると陥ってしまいやすかったりします。
 
 
なので、トレーダー全般に常に
付きまというのが聖杯探しの影と言って良いでしょう。
 
 
ですが、聖杯探しにハマらないコツを
きちんと押さえておけば、被害を最小限にできます。
 
聖杯探しに陥り気味の人は、ぜひ参考にしてみてください。
 
 
 
★聖杯探しにハマらない秘訣
 
 
聖杯探しにハマってしまわないためには
自分の心を注意深く監視しておくことがコツです(ΦωΦ)
 
 
もちろん、常に心に監視の目を光らせていると
それはそれで疲れますので
 
本当に危険なタイミングだけ、注意していればOKです。
 
 
何か新しいトレード教材を買った場合
ありがちな展開としては以下のような感じです。
 
 
 
新しい教材を購入し、期待感でいっぱいな状態
 ↓↓
試しに何回かトレードをしてみる
 ↓↓
勝つこともあるけれど、それなりに負ける
 ↓↓
当初の期待感が、徐々に失望感に変わる
 ↓↓
失望感から、他の商材を探してみようという衝動が起きる
 ↓↓
試しに、別の商材を購入してみる
 ↓↓
一番最初に戻る(笑)
 
 
 
新しい商材を購入した後の心の動きは
個人差がそれなりにあると思われますが
 
上記のような無限ループにハマった
経験がある人も一定数いるのではないでしょうか。
 
 
上の流れの中で、注意が必要なのが
実際にトレードで使ってみたあとの心の動きです。
 
 
ここで、「商材への期待感が少しずつ失望に変わるわけですが
この時に別の商材を探し始めないこと」が大事です。
 
 
重要なポイントなので、もう一度書きますが
 
 
「商材への期待感が失望に変わり始めた時
別の商材を探し始めない」
 
 
この点をしっかりとおさえておいてください。
 
 
 
なので、別の商材を探したいという衝動に打ち勝ち
粘り強く、同じ商材でトレードすることが
 
聖杯探しに陥らない秘訣と言えるでしょう。
 
 
FXトレード系ユーチューバーのカニトレーダーさんは
 
「ひとつの手法で最低100回は
トレードをするべき」と言っています。
 
 
この100回という目安は、結構参考になると思います。
 
 
別の商材を探したくなる衝動というのは
100回トレードするより前に、高確率で発生するので
 
その衝動をしっかりと認識して
それに耐えるということが非常に重要ですね。
 
 
トレードはメンタルが重要と言われますが
 
心の動きの重要性については
聖杯探しジャンルにおいても、共通していると言えるでしょう。
 
 
 
★★編集後記
 
 
最近、ちょっと興味を引かれてるジャンルがAI関係です。
 
 
AIの研究開発が進んでいくと
社会は大きく変わると言われてるわけですが
 
トレード業界も無縁ではいられないだろうなと。
 
 
トレードはパターン認識や過去データの検証が大事なので
そういった分野はAIの得意分野と言えそうです。
 
しかも、機械だからメンタルとか全くブレないですし。
 
 
まあ、マトリックスの世界みたいに
AIが人類を支配するまでいくかはわかりませんが
 
影響力はかなり高くなりそうですよね。
 
 
人々の生活を大きく変えそうなジャンルですので
興味を持って情報を追っていきたいと思っています。
 
 
とりあえず、AIに負けないよう精進していきましょう!
 
 
 
(・∀・)ノシ
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました